米国製 ライフガードチューブ レッド [LGTUBE-RED]

米国製 ライフガードチューブ レッド [LGTUBE-RED]

販売価格: 27,500円(税込)

在庫数 200点
数量:

商品詳細

米国製ライフガードチューブ カラー:RED

【お支払方法について】

こちらの商品のお支払方法は『銀行振込』のみとなります。お品物はご入金確認後のご配送となります。

最も普及している救助器材、ライフガードチューブ。

米国において30年前に開発されたライフセーバーの必需品、ライフガードチューブ。

今も多くの溺者を救助しています。

日本・豪州・米国・ニュージーランド・カナダライフセービング協会の認定品。

ロープやフックを止めているナイロンテープは、ウレタンで挟みこんでいる為、抜ける心配はございません。

潮の流れが速い海でも、確実に溺者を確保し搬送することが出来ます。

大人が2人つかまっても沈まない、エイソライトフォーム素材を使用。

特徴

チューブを溺者に巻きつけて搬送できる

より早く溺れている人の元へ到達できるように設計されたライフガードチューブは、棒状のままで使うだけでなく、水中で丸めたチューブを溺者に巻きつけて搬送できることも大きな特徴です。

ライフガードチューブを溺者に巻きつけることで、身体を手で支える必要がなくなり、両手を自由に使いながら溺者を陸まで搬送することができます。大人がふたり掴まっても沈まない素材を使用しているので、意識がある場合は溺者にチューブを掴ませたうえで搬送するという方法もあります。

ライフガードチューブの素材や浮力

ライフセーバーが水難事故現場における救難活動を実施するうえで、欠かすことのできない救助器具がライフガードチューブです。潮の流れが速い海での救助活動でも確実に溺者を搬送することを目的に、ライフガードチューブはエンソライトという合成樹脂の素材を使い作られています。エンソライトは気密性の高いことが特徴で、大人ふたりが掴まっても沈まないように設計されています。

高品質発泡ウレタン

高品質な発泡ウレタンを利用しており、弾性があるので要救護者に巻いた後も形に癖が付きづらく丈夫という特徴があります。

ライフガードチューブ

強めに押し込んでも跡にならないほどの弾性を持っています。

強固なストラップ

ライフガードチューブ

ストラップが本体内で貫通しておりストラップの接合部がちぎれる恐れがありません。

ロゴや様々な点が改良されております

1.ロゴが変更されました

ライフガードチューブ

旧デザインではロゴ以外の情報が目立っておりましたが、新デザインからロゴが目立つシンプルなデザインとなりました。

2.塗装面が厚くなり、耐久性が増しました

ライフガードチューブ

従来のライフガードチューブより塗装を厚くしたことで消耗しづらく、長期間の利用が可能になりました。

3.本体とストラップの接合部の耐久性が増しました

ライフガードチューブ

摩耗しやすい部分である本体とストラップとの接地部分にタブを追加し補強いたしました。

スペック

■サイズ 長95cm 全幅14cm 厚さ7cm ロープ長さ約278cm
■重量 1kg
■素材 高品質発泡ウレタン

各種注意事項

ライフガードチューブ使用上の注意点

  1. ライフガードチューブは水難救助を目的としてつくられた浮環ですので、浮環以外の用途でご使用されることはご遠慮ください。
  2. 本体両端に急な強い負荷をかけますと、本体表面が裂ける恐れがありますので使用される際はご注意ください。
  3. 製品の製作工程にてライフガードチューブ表面をコーティングする際に出来てしまうインク溜りやシワの部分が引っ張られることによって製品両端が裂けてしまう恐れがございます。
    ※万が一、赤い塗装部分が裂けてしまっても画像の通り、ストラップ部分はチューブ本体を貫通しており、高密度の発泡ウレタン(エイソライトフォーム)が詰まっている為水中で浮環として使用される場合には差支えはございません。

保管上の注意

  1. 使用後は必ず水洗いをし、水気を拭き取りましょう。特にストラップ部分はよく乾燥させてから保管してください。
    海水の塩などがついたまま保管すると劣化・破損の原因となるため特にフック・ストラップの箇所は念入りに洗浄をしましょう。
  2. 日光が当たる場所で保管すると、色落ち、劣化、破損の原因となる為、屋内で保管することが望まれます。屋外で保管する場合にも日光の当らない場所で保管してください。
  3. 保管する場合には本体上に重い物など負担になるものは置かないでください。
  4. 本体リングとフックを結合し、輪っか状にしたままの保管は製品を傷める原因になります。
  5. ストラップを本体に巻き付けたままでの保管は本体に強い力が加わるため破損の原因に繋がります。